自宅を提供して居酒屋の雰囲気を

大人になると欠かせないのが「酒席」での付き合いです。
お酒が飲めない人はもちろん、雰囲気が苦手な人にとって、職場での忘年会や新年会、歓送迎会は避けて通りたくなります。
昔のように、お酌を強要することはなくなったと思いますが、親戚などの集まりでは、そういうわけにはいかないかもしれません。
また、夫婦のうちで、お酒に強い人と弱い人がいる場合、もめごとの原因になる可能性もでてきます。
居酒屋の雰囲気が好きな人は、どうしても外で飲む機会が増えてきます。
結婚を機に付き合いを減らそうとしていても、まわりが許さない場合も少なくありません。
お金は掛かるし、深夜のお迎えもあるし、配偶者が酒好きだと苦労することもでてきます。
そうならないためには、自宅を提供するのもよいかもしれませんね。
参加者は、お酒や料理を持ち寄るなど、事前にルールを決めておくとよいでしょう。
料理メニューは重ならないことがポイント。
自分の得意料理をアピールしながら、参加者が持ち寄る料理とのバランスを考えることが大切ですね。
有名人のブログなどでも、ホームパーティーの様子が紹介されているため、参考にするとよいかもしれません。