いまさら聞けない!税理士の仕事とは?

私たちの身近には、いろいろな仕事がありますが、どのような役目があるのか漠然としたものも少なくありません。
特に、これまで関わったことがない仕事に疑問を抱くのも不思議ではないでしょう。
税理士の仕事もそのひとつですよね。
フリーランスや個人商店の経営者などは、毎年2月中旬~3月中旬までに「確定申告」をする必要があります。
そのためには、いくつものも書類作成が不可欠ですが、慣れない作業に戸惑う人もいるでしょう。
税理士は、そういった人にとって力強い味方です。
また、法人(企業)の存在も忘れてはなりません。
企業の決算月は個々によって異なりますが、決算から2カ月以内に「決算申告」を行う必要があります。
それに必要な書類作成をすることも税理士の仕事です。
つまり、税理士の主な顧客は、個人事業主や法人といっても過言ではありません。
なかには、中小企業を対象とした税理士事務所も存在します。
それとは別に、相続税に関するサポートも税理士の仕事になります。
相続は多くの人が経験しますが、あまり機会がないだけに戸惑うこともでてきます。
そのような場に直面にしたとき、税理士に相談する方法があることを知っておくとよいでしょう。